バイク冬対策!!ツーリングにおススメの服装は?!何を選ぶ?!

∇ヤフオクやメルカリにないパーツはコチラから∇

海外サイトからもパーツを探せる!世界最大級のオークションサイト【セカイモン】

 

バイクの冬の対策は何をしてますか??
車と同じようにバイクのバッテリーやタイヤなど冬の状況に合わせた対策が必要です。

ただクルマと違うのは乗る人も冬の対策が必要ってことです。
春夏秋冬、時期にあわせた服装でないと、バイクは非常につらい目にあいますよね?

というわけで、今回はエブリデイライダーの私が冬のライダーの服装についておススメを紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

バイク 冬 服装

管理人は幾度となく「極寒ツーリング」を敢行し、かなり痛い目をみてきました。

ツーリング仲間の中には「極寒ツーリングこそ思い出に残るだろ!」と力説する剛の者もいますが、普通の人なら行かないし、もしくは対策をばっちり取って行くべきです!

というわけで、私の経験と一般論からおススメの服装をピックアップしてみました!

 

冬のライダーを助けるおススメの服装とブランド!

 

おすすめの服装といっても基本は普段の防寒対策と変わりません。
気をつけるのは、

・安全かどうか?
・運転に支障はないか?
・急な天候の変化に対応できるか

です。

この3点をおさえておけば、何着ていてもOKと思います。
では、個別に適正をみていきます。

 

・ダウンジャケット

ダウンジャケット

言わずとしれたキングオブ防寒着ですね。保温性能・保温性能は最高と思います。
加えて風をカットしてくれるので、冬のバイク防寒に完璧かと思われるんですが、弱点もあります。

まず、【材質】の問題です。
だいたいのダウンジャケットは表面がナイロンなので、転倒した場合は間違いなく破れます。
くわえてレザーのように丈夫でもないので、転倒の際は怪我をする確率は上がります。

管理人は学生の頃にダウンジャケットを着ている状態で転倒して痛い目にあいました。
中の羽毛がクッションになってくれる!!と思うかもしれませんが、気休めくらいにしかなりませんので気をつけて下さい。

加えて、雨などの水濡れに弱いということもマイナスポイントですね。

外がナイロンで中が羽毛な分、吸水してしまうと乾くまで時間がかかりますし、乾いたあとの防寒機能も落ちてしまってます。正直、バイクに乗る時はおススメしない服装です。

もし着るのならインナーダウンをおススメします。
ちょっと薄手ですが、これなら保温性や防風性もありますし、上からもう一枚着ることによって安全性もあがります。

⇓おすすめのメーカーやプロダクト等、さらに紹介しております⇓

バイクやライダーに合うダウンジャケットとおすすめメーカー

・レザージャケット

 

レザージャケット

レザージャケットには【ライダース】といわれる種類のジャケットがあります。
これこそ、まさにバイクに乗るための服装といえるでしょう。

ほかのレザー系には【フライトジャケット】なんかありますね。
フライトジャケットについてはここでは触れませんが、元々航空機に乗るために考案された服なので、
バイクに乗るときの服装にも適していると思います。

※関連記事:フライトジャケットのおススメやバイクでの着こなし方や種類を紹介!

あとはバイク用のライディングジャケットというものもあります。
これは元から肩パッドや肘パッドが入っているので安全性は最高です。ちょっとダサいですがw

では、ライダースについてなんですが、売りはその頑丈さです。
転倒してもちょっとやそっとで破れません。※フェイクレザーはですが。

管理人、レザージャケットを着ていて何度も助かった経験があります。
確かに転倒したら傷はつきますが、自分の身を削るよりかはマシですよね。

それになんといってもライダースは様になるということが大きなポイントですね。

ただ、弱点もあります。

ダウンジャケットやそのほかの防寒着に比べると保温性や防風性が劣るということです。
Tシャツにレザージャケットだけ着てバイクで走るのは無謀です。
対策として先ほど説明したインナーダウンを着たり、厚手のパーカーを着ると格段によくなります。

 

・Pコート・ダッフルコート

 

Pコート

Pコートやダッフルコートは元々、海軍が甲板上で使用するためにつくられたものです。ほとんどのものがウール素材なので多少の雨程度なら平気です。

見た目がライダースのようにハードではないので、バイクでちょっと出かけてお買い物!とかにはいいんじゃないのでしょうか?

それにダウンのように野暮ったくないのでデートにも使えるかな?と思います。これの弱点は防風性がほぼないことですね。体感ですが、Pコートやダッフルコートを着ての冬のツーリングはかなり厳しかったです。

素材が風を通すのでしょうがないとこではありますが、もし着るのであればヒートテック素材のものと
合わせたらいいと思います。

あと厚手のネルシャツなども見た目を損なわないですむんじゃないかなと思います。

 

・マウンテンパーカー

 

マウンテンパーカ

個人的には1番おススメなのがマウンテンパーカーです。

名前のとおり、登山やハイキングを目的とした服なので多少の雨にも負けないですし、保温性・防風性も高いです。

ダウンジャケット並みの性能と使い勝手の良さが売りです。
インナー生地がウールの場合が多いのも特徴です。

加えて見たかんじも、野暮ったくならずにすみます。
ただ、安全性はライダースなどのレザー系に比べると劣ります。
機能的ではありますが、これだけでは心もとないというのが正直なところです。

着るのであればインナーにレザーを着るといいかと思います。
現行のマウンテンパーカーはわりと細身ですので、1サイズ大きなものが使い勝手がいいでしょう。

 

ちょっと長くなりましたが、参考になれば幸いです。
次は番外編でフライトジャケットを取り上げたいと思ってます☆


∇カジュアルに、だけどハズさない∇

 

オニールオンラインストア

番外編:やっぱり作業着が機能性最強だと思った

 

これは余談ですが、郵便屋さんって雨の中や風の中でも配達していますよね?あの時って郵便屋さんって合羽でフル装備して配達しているんです。

実用的すぎて見た目はアレですが、機能面から見たら間違いなく【最強】と言える装備です。

郵政バイク 画像

逆にアレ着て配達していると地獄をみるという
経験談もあるくらいです。

見た目を気にしないよ!って人は市販の合羽などで代用しても充分威力を発揮してくれるかと思います!

というわけで番外編、おススメは【合羽フル装備】でした!

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください