ヤフオクやメルカリでバイク本体やパーツを落札や出品する時の注意点

∇ヤフオクやメルカリにないパーツはコチラから∇

海外サイトからもパーツを探せる!世界最大級のオークションサイト【セカイモン】

 

今の時代、ヤフオクやメルカリなどのオークションサイトやフリマサイトを利用してバイクパーツやバイク自体を購入する人は多いです。

私自身も10年程前にヤフオクに出会って以来、なかなかのヘビーユーザーになってしまいました。バイク屋さんや用品店で購入するより安く買えますし、なかには【お宝】に出会えたりして楽しいです。

ただ、やはり個人と個人との取引なので変な人がいたり、トラブルになってしまった時に結構大変な目にあったりします。アマゾンのように店舗や業者だけではないですからね。
(アマゾンにも個人バイヤーはいるでしょうが…)

そこで私がヤフオクやメルカリを使ってみた感想と注意点などを総めておきたいと思います。

スポンサードリンク

変な人は100人に1人くらい

 

よく、まとめサイトなどでは
「ヤフオクやメルカリの人達は変なのが多いから止めておいたほうが…」
という話を目にしますが、体感的にはそれほどといった感じです。

統計を取ったわけではありませんが100人に1人くらいの割合だと感じています。

ただ不愉快な記憶って、いつまでも記憶に残ったりします。
このせいでヤフオクやメルカリは変な人が多いってイメージになるんだろうと思います。

先述したように個人と個人のやり取りなので敬語と丁寧な対応をするべきだと思います。
それだけしっかりしていれば、大きなトラブルにはなりにくいかなと。

中には失礼な人もいます。
「これは○○だから、○○○○円でなら買います(相場からかなり外れた値段)」とか
「落札頂いたこちらの商品は、在庫がないので配送まで時間が1ヶ月以上かかります」
(入金が終わった後で連絡をしてくる)などなど…

結構多いのが落札や出品に関わらず連絡がない人たちです。
昔のヤフオクでは出品するのにもお金がかかったりしていたので非常にめんどくさい感じでした。

ただ、大多数の人達はしっかりやり取りさえすれば問題なく、サクッと取引ができます。

中にはバイク本体を出品した時に、直接引き取りに来る時に際して、お土産をもってきてくれた人もいました。

丁寧な対応と連絡さえしておけば、非常に楽しめるものだと思います。

バイク本体の出品や落札する時の注意点

 

大前提として丁寧な対応をするのはお伝えしましたがバイク本体の出品は普通の出品とちょっと違う点があるので、それをまとめていきます。

・ヤフオク出品料は「1800円」

出品料についてですが、通常の8%ではなく落札された際に「1800円」が手数料として引かれます。
これはヤフオクの規定に載っているのでチェックしてみてください。

私は過去に中古スクーターを1円で出品して、売れたのにマイナスになった事があります。
金額を付ける時は気をつけましょう。

・車両の事はできるだけしっかりと書く

金額が高いものなので、後から「こんなの聞いてない!」と落札者からクレームがあったりします。

安ければ「こんなものか…」と終わるところが金額が高いのでクレームに繋がりやすいです。
(まあ、安くてもクレーム言う人は言ってきますが…)

できるだけトラブルが無いように「~~で購入、~~が出品理由、~~が交換時期と思います」とできるだけしっかりと説明しておくと良いです。

・購入時はメンテナンスの事も考えておく

無論、車両本体を落札する時は説明欄をよく読んで分からない事は質問して納得して落札すべきなんですが、それとは別に車両が自分の手元に来た後の事も考えておかないといけないですね。

私の経験上、安い!と思って落札したバイクはだいたいメンテナンスがされていません。
一応、エンジンはかかるけど消耗品などを交換しないと本来のスペックにならないというものが多いです。

「ただ動けばいいだよ」と思って落札する人は早い段階で結構メンテナンス費がかかる事があるので
普通にバイク屋さんで買っておけばよかったとなる可能性が高いです。

・配送料の事も考えておく

これは出品、落札、ともにかかるものなので気をつけておかねばなりません。
多くの場合、送料は落札者負担なので金額を先に聞いておかないとボッタくりに合う可能性もありますからね。

また、出品ではあてずっぽうに金額を伝えると送料が足りなかったり、多く貰いすぎてトラブルになる可能性があります。

1番カタい配送業者は「BAS」です。
バイク専門の業者なので安心して出す事、受け取る事ができます。

以前はめちゃくちゃ安い業者もあったのですがどこも値上がりしていたりするので、現在どうなっているかは分かりません。

また、自分で取りに行くにしても割と大変です。
バイクを積載する手配や引き取りの日時も決めないといけません。
もし積載する車が無い場合、レンタル料やガソリン代、高速道路料金がかかってきます。

一度、夜中の23時に待ち合わせをしてたのですが相手側の仕事の都合で引き取りができなかった事があります。軽トラのレンタル代が倍になりました。

バイクパーツの出品や落札する時の注意点

 

バイクパーツを出品や落札する時の注意点をまとめてみました。
私の経験した事例も含めて、お伝えしていきます。

・バイクパーツは基本「元払い」

着払いで送れる事は送れるんですが、物によっては着払いです!と配送業者が持っていけないと言う場合があります。

どうやら「荷物保険」が元払いでなければ対応してないという事と基本的にバイクパーツは保険に入らないといけないという事から、元払いで送って下さい!という事のようです。

特に佐川急便はそのあたり厳しいです。
私の経験上、融通が利くのはヤマト運輸です。

・業者は安心、個人は宝探し

落札する時に、いわゆるオークション業者が出品しているものは比較的、安心して落札できると思います。
むこうも仕事なので配送も早いし、落札したものが不良品の場合も対応が早いです。

個人が出品しているものは、早く処分したい気持ちがあるのか、相場よりかなり安い値段で売られている事があります。
プロではないので配送が遅かったり、品物の状態が思ったより悪いという事もありますが、それはオークションやフリマの醍醐味です。

目利きを鍛えて、良いものを手に入れましょう。

・梱包には緩衝材がおススメ

出品の際には緩衝材を入れましょう。
これだけでトラブルがかなり少なくなります。

また説明欄のところに「発送は簡易梱包してお送りします」と一言そえるだけでも違います。

以前、パーツを落札した時にパーツに送り伝票を貼り付けてそのまま送ってきた人がいましたが、傷だらけになっていました。
最低限の梱包でいいと思うのですが(送料が安くなりますし)それでも傷が入らない努力はすべきでしょうね。

∇ヤフオクやメルカリにないパーツはコチラから∇

海外サイトからもパーツを探せる!世界最大級のオークションサイト【セカイモン】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください