バイクヘルメットの車種別おススメモデルとメーカー一覧

「バイクの数だけヘルメットはいるし、ヘルメットの数だけバイクもいる」といった言葉もあるように
バイク乗りにとってヘルメットというものはバイクとセットになっているものです。

無ければ乗れないし、そのバイクに合わないヘルメットをチョイスしようものならばスタイルがチグハグになったりします。

ヘルメットのチョイスは人それぞれですのでそんな事を言われる筋合いもないのですが、それでも何人から言われたら気になるものです。

私自身、どのバイクでも気軽に半ヘルくらいで乗りたい人なので、それほど人のチョイスに対して「合ってる・合ってない」を言ったりしませんがそれでもスタイルに合わせて6つ程用意しています。

ヘルメットマニアになると「身体は一つしかないし、一度に一つしかかぶれないんだよ?」と言いたくなる様な数を持っていたりします。しかも、同じ形のヘルメットを何個も。

「いやいや、これはここの形状が違うから別物だから!」と言われると、なんと奥深いマニアの世界だ!と関心する程であります。

そんな奥深いヘルメットの世界ですが、あなたが1番気に入ったタイプのヘルメットをゲットする事が
最高の結果だと思います。

そのためには知っておくべき知識、メーカーがあるので、そこをお伝えできたらと思います。

スポンサードリンク

ヘルメットの種類

ヘルメットの種類ですが大まかにいうと

・オンロード
・オフロード

に分けられています。そして、そこから形状によって派生していきます。

・オンロード 
ジェットヘルメット
フルフェイス
ハーフキャップ
システムヘルメット

・オフロード

何気にオフロードヘルメットは形状がたくさんあるんですが
呼び名が決まっていないんですね。

オフロードヘルメットでもビンテージタイプやシステムチックなものをあるのに検索をかけると一斉に出てくる。けっこうカオスなジャンルなのです。

上から画像で順に説明していくと…

ジェットヘルメット

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フチゴム糸縫い ジェットヘルメット バブルシールド付
価格:3480円(税込、送料別) (2018/11/4時点)

 

楽天で購入

 

 

フルフェイスヘルメット

 

ハーフキャップ

システムヘルメット

 

オフロードヘルメット

システムヘルメットは一見フルフェイスっぽく見えますが、チンガードからが開いたり、取れたりします。名前の如くシステマチックな構造をしているので割と使いやすいらしいです。
※私自身持っていないので聞いた話です。

とりあえずここまで知っておけば、ネットで検索をかける時に選びやすくなるんじゃないかと思います。

ヘルメットメーカー一覧

 

国内のバイクのヘルメットメーカーで有名なのは「アライ」と「ショーエイ」ですが、それ以外にも
「OGK」や「ダムトラックス」「山城」なんかもユーザーが多いヘルメットメーカーだと思います。

また海外勢で有名なのは「シンプソン」や「ベル」などで日本でも高い人気を誇っているメーカーですね。

ヘルメットメーカー(国内)

・アライ(NO1ヘルメットメーカー)
・ショーエイ(同立1位)
・OGKカブト(ちょっと和テイスト感推し)
・HJC(たまに突拍子もないデザインのものを作る)
・ヤマハ(そのまんま)
・山城(安くてデザインはダサいが作り良し)
・ダムトラックス(ブラスターは名作入り)
・ネオライダース(お求め安い&デザインはそこそこ)
・リード工業(半ヘル&ラメ塗装)
・イージーライダース(アメリカンご用達)
・ホンダ(そのまんま)
・ユニカー工業(おばちゃんがスクーター共に使用イメージ)
・南海(南海部品オリジナルブランド)

ヘルメットメーカー(海外)

・シンプソン(来夢先輩がかぶってるアレ)
・ベル(古参海外メーカー)
・モモデザイン(おしゃれデザインメーカー)
・スオーミー(派手ペイント&高値の華)
・フォックス(オフロードヘルメットと言えばコレ)
・ブコ(ブーツのが有名)
・AGV(イタリア製。最近流行りのダイネーゼの子会社)
・アイコン(フロムUSA)

これら以外にも多くのメーカーやブランドがありますが割愛します。
全部出していたらキリがつかないからですね。

ただ、これだけ知っておけば先述した検索方法に
メーカーの名前を足すだけで
欲しいヘルメットの見つかる可能性がグンとあがります。

私もいろいろなメーカーのヘルメットを購入しましたが
結果的にメインで使っているのはダムトラとネオライダースのヘルメットになりました。
国内のモデルのものがやっぱり使いやすいし、
頭の形状も日本人に寄せて作ってあるので無理が無いかと。

一時期、海外ブランドに憧れて
「オニール」や「アクソー」といったメーカーのヘルメットも購入しましたが
これらがマジで小さい。

かぶっていると頭が変形するんじゃないかと思うくらい
タイトな作りになってました。
※なお、私の頭の大きさはXLです。

車種別おススメヘルメット紹介

 

私の偏見と独断が入り混じった紹介ですので「え~」と思ったらコメントを下さい。

また、先述している通り、自分がカッコいいと思ったヘルメットで自分の好きなバイクに乗ることが1番良いと思っています。

共感して欲しい欲求と理解されてたまるかの精神の狭間にいるのがライダー、バイカー、オートバイ乗りなのでその気持ちは大事にされて下さい。

・TW・FTRなどのトラッカーにおススメヘルメット

・ダックテールヘルメット

・シンプソンM50

・ダムトラックスAKIRA

・ベルSTAR(旧型)/バレット

気軽にいくならハーフヘルメットのダックテールでオフロードチックにいくならシンプソンM50、80’sのレーサー風にいくならダムトラかベルのシンプルなフルフェイスがカッコいいと思いますね。

・SR・エストレアなどのアーバンストリートにおススメヘルメット

・ジェットヘルメット

シンプルなバイクにはシンプルなヘルメットが似合います。
ただジェットヘルメットといっても各メーカー出しているので値段とペイントデザインで相談って感じでしょう。

おススメはショーエイ、アライのジェットヘルメットです。
帽体部分がコンパクトなっておりボーリングのピンみたいにならなくてすみます。

さすが日本人に合わせて作っているだけあるな~といった感じですね。
値段で安くてそこそこなのはダムトラックス。

・XL・XTなどのビンテージオフロードにおススメヘルメット

・シンプソンM50

・ベルMOTO3

・ダムトラックス ブラスター

ビンテージにはビンテージなヘルメットが1番似合うと思います。
本物の当時モノはお化けみたいな値段ですので復刻版があるものとお求めやすいダムトラックスから1つ選びました。(それでもそこそこのお値段ですが…)

あまり派手なペイントのヘルメットは雰囲気がズレますよね。

・KLX・WR・XRなどオフロードにおススメヘルメット

・フォックスV1

・SHIFTアザルトヘルメット

・オニール3シリーズRADIUMヘルメット

ガチなオフロードにはペイントが派手なヘルメットが似合います。
というか、派手ペイントオフロードヘルメットを生かせるのがこの車種しかないような気が…

海外製品で気をつけないといけないのがサイズ感。
XL、XXLの文字に騙されると予想より小さいサイズが送られてきます。

まとめ

 

まだまだおススメヘルメットはあるんですが以上を参考にして頂けたら幸いです。

ヘルメットの中には今のうちに買っておくとプレミアがつくモデルもあります。
「ばくおん!!!」の主人公のヘルメットである【ショーエイ Jフォース2】なんかはテンバイヤーによって高値で取引されていますし、最近発売されたのにも関わらずシンプソンのM50でもカラーによっては無いものもありますし。

「このヘルメット、カッコいい、欲しい!」と思ったらその時に購入しておかないと手に入らない事ってあるんですよね。

また、本当に自分に合うヘルメットというのは1つ目で見つかる事は無いと思います。このへんはバイクと一緒ですね。

大事なのは探し続ける事です。
あなたのバイクライフに合う逸品を探し続けましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください