SR400の中古市場相場と年式・モデル情報!メンテナンス方法は?

SR400といえば、日本がつくりだしたバイクの中でも傑作中の傑作、シングルバイクの金字塔、バイクオブバイク…そんな評価もされてきたバイクですね!

もともと「モト・ライダー」という雑誌のエイプリルフール企画で発表されたバイクだったのにも関わらずユーザーから「このバイクはいつ発売されるんだ?」とたくさんの要望・要求があった事から発売されたという話からも発売する以前から人気が高かったとも言えます。

世代別で見ても、若者からベテランライダーまで幅広い層に支持され、こよなく愛されるバイクという事が分かります。

また400ccのバイクながら構造がシンプルなので道具と時間とサービスマニュアルがあれば
(最近はネットでも情報は探れますが、自分で整備されるなら1冊は欲しいところかと)
青空自前整備工場でもなんとかできちゃう懐の深さも魅力ですね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

見てわかるバイクメンテナンス&洗車完全ガイド スクーター対応 [ 太田潤 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/11/4時点)

 

楽天で購入

 

 

腕に自信があるならば、エンジンをばらして
500クランクやボアアップ、ハイカムも組めちゃうかも。
※そのかわり大変です。

 

と、ここまで褒めさせて頂いたところで私の偏見解釈の述べさせていただきます。

まずはキックスタート。これはいけない。
圧縮上死点をつくりだす儀式から入って、キック、キック&キック。
機嫌を損ねると一生、エンジンがかからない気がします。

ほとんどの市販車がセル付きなのに、なぜこうも進化も拒むのか。
ちなみにちゃんと上死点を出さないでキックすると「ケッチン」という反撃を食らいます。痛い。

デッドポイント(死点)の名前の通り、しっかり出さないと自分の右足がデッドします。

次に仕様にもよりますが、前後ドラムブレーキは止まらない。
ちょっと強めにブレーキをかけるとロックするシステムはなんとかならないのかといつも思います。

またそれがリムホイールと一体型というのが大変です。
一言でいうならば「重い」。タイヤ交換もチューブですし一苦労です。
だいたいチューブをタイヤレバーで切って、さようならです。

また、スポークの触れは左右前後2mm以内ですから(サービスマニュアル参照)
この精度を出すのはコツが必要です。
※私は前後ホイール、計4回張替えました。

 

あとはフロントフォークがふにゃんふにゃんです。
イメージとしてはとろける様な柔らかさといった感じです。
フロントブレーキをかけるとノーズダイブ、ノーズダイブからのじわっと戻り。
正直、コーナー手前でブレーキをかけるのが怖いですね。
私はビビリミッター全開で、全く倒せません。

 

最後に振動。
この鼓動感こそバイクの本質だ!と言っても限度があります。
乗り続けると体が蝕まれるような感覚は闇の魔法(マギア・エレベア)を身に着けた某魔法使い先生のようだ、と思った事があります。

だいたい、ナンバーがちぎれて飛んでいったとか、ボルトが折れたり、緩んだりとか致命的すぎます。
(そのためなのか、緩んではいけない箇所にはストッパーピンがあります)
これを超えるのは、あのアメリカンバイクくらいです。

この様に、不完全でありがら2018年で愛され続けて40周年。
「美人は3日で飽きるが、ブスは3日経っても味わい深い」を地で行く、そんなバイクであると、私は思うのです。

 

メンテナンスについて

 

私個人の経験談ですので、絶対ではありません。
参考程度にしっかり見ておいてください。

・オイル交換

空冷単気筒なので、オイルは悪くなりやすいです。
できれば、社外パーツの油温計をつけてあげて、オイルの温度も把握しておきましょう。
なぜか油温計がちょっとしか乗ってないのにビンビンにあがり始めたら危険です。

空冷単気筒なのでオイルを食う事もあります。
そんな時はとりあえずオイル交換してみましょう!

・ブレーキパッド(ディスク&ドラム)

エンジンとタイヤの次によく使うところなのに、だいたいメンテナンスしないのはココ。

ドラムブレーキの仕様の場合はだいたいグリスを切らしています。
ドラムの中のシューを押し開くロッドの部分はできるだけバラして紙やすり(#800~#1200)で磨いて、グリスアップしといてあげましょう!

・タイヤ

目で見て危ないってわかるでしょう。
ここをケチると、後に「ああ、あんときタイヤだけでも交換しとけばよかった」なんて後悔します。
ここはどのバイクでも一緒ですが、あえて言わせてもらいます。

後悔、先に立たず。

・スイングアーム

何のために、そこにグリス注入用の穴が設定してあるか考えてみましょう!
だいたいグリスが切れて、焼き付きを起こしてスイングアームがリジットアームになるからです。

こうなるとハンマーで叩いて、叩いて、叩きまくって手の皮が2枚くらい剥けたところで、ようやく取れます。

バイクにも悪いので、しっかりグリスは入れておきましょう。
※なお、スイングアームのオイルシールの同時交換もおススメします。

 

・エンジン

「おや?」と思ったら、まずはタペット調整してみましょう。
安定しなかったアイドリングが、驚きの精度に変わります。

ちなみにシックスネスゲージを使ってエキゾースト側のタペットが0.12、キャブ側が0.07が規定値だと記憶しています。ここもOリング交換はお忘れなく。

それ以上は多分、致命的な何かだと思いますのでバイク屋さんへ行きましょう。

 

・各部マシ締め

振動がスゴい事は先にお伝えしたとおりですが、それならば各部しっかりマシ締めをしてあげましょう!

1番最悪なのはトップブリッジの留めボルトが緩む事です。
だいたい錆ストッパーという自然の緩み止め加工がされていますが、それは次回、折れるの巻となるので、なるべく交換しましょう。

ついでにステムベアリングの状態もみるといいですね。
交換はオリジナルにこだわらなければ、テーパーベアリングがおススメです!

なおステムベアリングは閉めすぎ注意なので手締めからのマシ締めハンマーで2回コンコンあたりがベストと思います。
※ステムの硬さは個人の好みがあるので、それに合わせてしましょう。

 

カスタムについて

 

SRというバイクは何にでもなれて、特化車種には及ばないがそれっぽい感じにはもって行く事ができます。

よくあるのはカフェレーサーカスタムですね。
ただ、前述の通り「足回りがノーマルは貧弱」なので走りを特化させるようでしたら見直しが必要ですね。

TZRのフロント足回りに、ZXRのリア足回りなどを使用して強化するというのもあります。

正立フロントフォークで勝負するのであればインナースプリングを強化スプリングに換えて、トップキャップをPOSH製の調整キットを組むといいでしょう!

リアサス?オーリンズ一択!

※ここは財布とご相談下さい。

最近ではスクランブラーやビンテージモトクロスカスタムなどが流行りです。
海外勢がこぞって新商品を出してきている事からもこれは明らかでしょう。

もし、21インチ化するのでしたらフェンダーもアールが合うようなものに換えるべきですし、フロントフォーク延長キットも必要です。

ただ長すぎるとバランスを欠くので5cmアップほどが適しています。
またケーブル類も概ね10cm~15cmロングになりますので変更が必要な事も計算してカスタムして下さい。

∇カスタムパーツの購入はコチラから∇

豊富なバイクパーツから選んで探す!欲しいパーツが見つかる!!

様々なカスタムパーツが出ていますが殊更、調整が難しいのは社外キャブレターです。
CR、TMR、FCRなど、これらの社外キャブの調整は根気とテストランです。
※FCRはマニュアルがあるので手入れましょう。

 

社外マフラーはカッコいいですが、RH01Jなどになると排ガス規制モデルに入るので触媒付きのノーマルマフラーを車検用に用意しておくのがいいでしょう。

1JR?無敵です。

 

年式、モデルの違いなど

 

だいたい一緒に見えるSRでも排ガス規制モデルであったりインジェクションモデルであったりと様々。

同じ型式のモデルでもフロントフォークが太さ(35π)が中の厚みが違ったりしてトップキャップが使えなかったり初期型になるとタンデムステップサポートがフレームと一体型だったり…細かい仕様変更が行われています。

そこらへんはヤマハ公式パーツリストを見ればだいたい判明しますが、あまりにも古い場合はデータがなかったりします。
そんな時はヤマハのお店に電話をかけて聞くか当時のパーツリストをGETしておくのがいいですね。

 

40年以上生産され続けているバイクなので全てを把握する事は難しいので覚えておくことは

カスタムしても車検が通るか?

というところです。
カスタムしないのであれば年式や型式は好みのものを乗ればいいと思うのですがカスタムが絡むと適しているモデルと適さないモデルがあります。

インジェクションモデルであるRH03Jは排気吸気系統が電子制御が入っているので大規模カスタムは難しいでしょう。

またRH01Jも排ガス規制モデルなのでエンジンをカスタムすると排ガスのCO値とNOX値が跳ね上がるので普通に車検を通すのが難しくなってきます。

 

おススメなのは1JRです。車体番号が1JRで始まるSRであればカスタマイズしていくのに適しています。

1JR>>>>>>>>>>>>>RH01J>RH03J

個人的な見解ですが、これくらい差があります。
SRを購入する時は車体番号、年式、型式を教えてもらってから購入するのがいいでしょう!

 

中古相場市場は?

 

それでは、SRの中古相場市場を見てみたいと思います。

中古車価格帯 11万5000円〜86万4000円(2018-06-09)

40年も生産され続けているので、中古市場ではボロくて乗れたものでないものから初期型をガチレストアしたレア物、カリカリにカスタムした車両まで様々です。
値段の幅はそういったものも含まれるので参考程度に考えるといいでしょう。

ただ、安い車両を購入すると、後ほど手がかかると考えたほうがいいですね。
バイク屋さんも商売でしているので、あまりにも安いものはバラして整備しているとは考えにくいからです。

安く購入するなら、レストア前提でと思っておいたほうがいいでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください